グラフトレス&フラップレス治療~患者満足度の高いインプラント治療とは~ 世田谷ライフマガジン 東京都世田谷区二子玉川

グラフトレス&フラップレス治療

インプラント治療の欠点を補う先進的な治療法とは

歯を失った場合の歯科治療としてインプラント治療がブリッジや部分義歯と大きく違う点は、インプラント治療には必ず何らかの外科的な処置が必要になるということが挙げられます。

しかしながら、インプラントの手術にもいくつかの方法があって、40年以上前から行われている通常手術の他にCTやコンピュータによる設計によってメスを必要としない切らない手術法(フラップレス術式)や骨量が不足している症例に対して当然のように行われてきた骨移植や骨造成を行わないで、既存の骨を最大限有効に使用してインプラント治療を行うグラフトレス治療なども選択できるようになりました。

このような先進的なインプラント治療によって、例えばがんの治療でいえばラジオ波焼灼治療や内視鏡手術のように、手術による身体的な負担を軽減して、術後の治癒期間や治療期間を大幅に短縮できるようになりました。

CTで撮影した精密な画像データは専用ソフトで即座に3D表示され、手術前にインプラント手術のシミュレーションを行うため安全性が高く、治療方針の説明も解りやすい。

実際のインプラント治療例

グラフトレス&フラップレスによるインプラント治療例

下の症例1は、上顎の犬歯から小臼歯まで3本の歯を失った症例です。
レントゲン写真の赤丸部のように上顎洞までの骨の高さが不足しているため、従来法によるインプラント治療であれば、サイナスリフトといわれる上顎洞を持ち上げて骨を造る手術を行い、約6ヵ月の治癒期間を待ってからインプラント手術を行っていましたが、グラフトレスコンセプトによる「傾斜埋入」によって通常の手術法でインプラント治療が行うことが可能です(青丸部)。

結果的に約6ヵ月間の治療期間短縮と1回の外科手術を回避することができました。

症例1

下の症例2は、小臼歯と大臼歯の2本の歯を失った症例です。
症例1と同様にインプラントを埋入するだけの骨量がなく(赤丸部)、傾斜埋入するだけのスペースもないため骨を造る必要があります。

従来法によるサイナスリフトで骨を造ると術後に腫れがでる可能性があり、約6ヵ月の治癒期間も必要になるため、手術をあきらめていた患者さんもいましたが、特殊な器具による独自の「上顎洞挙上術」と「インプラントの同時埋入」によって、手術が1回で済むことはもちろん、術後の腫れもなく、通常のインプラント手術と同様に治療を行うことが可能です(青丸部)。

症例2

下の症例3は、重度の歯周病で不幸にもすべての歯を失った患者さんの症例です。
このような症例においてもコンピュータによる精密な設計と「オールオンフォー」という即日治療法によって、無切開手術でインプラント手術当日に固定製のフルブリッジが装着できるため、術後の腫れや痛みがほとんどなく、1日で噛む機能と見た目の審美性を取り戻して早期に社会復帰できることから、患者さんにとってメリットの大きい治療法です。

症例3

このページの先頭へ