インプラント治療の疑問にお答えしますに関するコラム 世田谷ライフマガジン 東京都世田谷区二子玉川

インプラント治療の疑問にお答えします

治療費について

インターネットなどで「10万円インプラント」などといった広告を目にすることもありますが、一般的には30万円〜60万円程度かかるといわれているインプラント治療の「治療費」の違いはどこにあるのでしょうか?

ほとんどの患者さんがご存じだと思いますが、インプラント治療は保険適応外の「自由診療」です。そのために各医院ごとに治療費の総額が違ってきます。

インプラント治療における「治療費」とは、治療を始めた時から最終的な歯を装着するまでのすべての治療や診察にかかる費用となります。一般的なインプラント治療の流れは次の通りです。

インプラント治療費にかかる治療内容

  • (1)口腔内所見・レントゲン撮影・模型作製・診断など
  • (2)CT撮影およびコンピュータ・シミュレーションによる治療計画
  • (3)手術の材料や補助システムの準備
  • (4)術前の投薬や口腔内クリーニング
  • (5)インプラント手術
  • (6)術後の仮歯製作および装着、調整
  • (7)術後の検査や抜糸など
  • (8)経過観察期間の衛生管理(数回)
  • (9)仮歯の調整や再製
  • (10)最終的な歯の型取り
  • (11)最終的な歯の色合わせと形態
  • (12)最終的な歯の製作
  • (13)最終的な歯の装着および調整診断

手術担当医は完全に滅菌されたものしかさわれないため手術用ライトのスイッチなどにも滅菌シールを貼る。衛生管理が徹底された専用の手術室は手術毎に丁寧に滅菌処置が施される。CT撮影とコンピュータによる診断は現在では安全なインプラント治療のために欠かすことができない。

インプラント治療にかかわるその他の内容

医院によって保証年数やその範囲が異なります。この点についても手術前にしっかり把握しておきましょう。

インプラントメーカーは全世界に100社以上あります。どこへ居住されても生涯に渡り、しっかりとした治療を受けるためには、世界標準のインプラントがお勧めです。患者さん自身が手術前に使用材料を把握しておくことも重要かもしれません。

手術の内容や使用材料などを正確に記録しておくことも必要です。

歯科麻酔専門医による恐怖心を抑えるための麻酔や全身的な管理も行われる。

繰り返し使用する医療器具の完全な滅菌は国際規格に準拠した医療用高圧滅菌が安全とされています。

手術の際は完全滅菌された手術用ガウンを使用して感染予防に努める必要があります。

術前・術後の口腔内の衛生管理は治療の成否を左右しかねない重要な診療です。

最終的な歯を作るまでには、型採りから色合わせ、形態の修正、かみ合わせの確認など多くの工程が必要です。患者さんの要望を具現化してくれる歯科医師や歯科技工士がいることも重要な要素の一つです。

このページの先頭へ