無切開インプラント手術(フラップレス)治療法|痛みも少なく腫れない低侵襲治療|東京都世田谷区・二子玉川歯科

腫れや痛みの少ない治療法

“切らない”インプラント治療で手術時間や術後の腫れ、痛みを大幅に軽減

コンピューターシミュレーション時
コンピューターシミュレーションの様子
ノーベルクリニシャン

無切開手術(フラップレス)術式によるインプラント治療とは、あらかじめCTによる精密検査やコンピュータシミュレーションによって最適なインプラント埋入ポジションを確定し、確実にそのポジションにインプラントを埋入するための手術用ガイドを作製することで、歯肉を切り、大きく剥離することなくインプラント埋入手術を可能にすることができる患者さんにとってメリットの大きい最新のインプラント治療法です。

従来のインプラント埋入手術のように歯肉を切らないため、出血や術後の腫れ、痛みなどを大幅に軽減することができ、縫合や抜糸といった処置も必要ないため、手術時間や治療回数も短縮できます。

切開が必要なインプラント治療との違い

切開手術(フラップ)の場合

  • インプラントを埋入する部分の歯肉をメスで切開します。
  • 歯肉を剥離して顎骨を完全に露出させ、専用ドリルで埋入するため骨を削ります。
  • インプラントを埋入し、歯肉を被せるため縫合していきます。

フラップ

無切開手術(フラップレス)の場合

  • 専用のパンチング機などで、歯肉に必要最小限の小さな穴を開けます。
  • サージカルガイドを歯に装着し、設計したガイド通りに小さな穴を開け骨を削ります。
  • 骨の状態が良く初期固定が十分得られれば、手術当日に仮歯を装着することも可能です。

フラップレス

無切開・フラップレス手術によるインプラント治療のメリット

  • 手術時間や治療回数が短縮できます。
  • 切らない手術で出血量を大幅に減少させます。
  • 術後の腫れや痛みを大幅に軽減できます。
  • メスを使用しないので患者様の精神的不安が少なくて済みます。

このページの先頭へ